忍者ブログ
渋谷マッサージ鍼灸指圧院T-one リラクージュでは、初めて担当させていただいたときにアンケートのご協力をお願いしております。当院のマッサージや店内等に関するお客様からいただいた全てのコメントをスタッフからのコメントも交えながら紹介しております。 これからも、より良いマッサージを提供できるよう、満足を超えた感動を与えられるよう、頑張っていきます。    渋谷マッサージ鍼灸指圧院T-one リラクージュ      住所 : 東京都渋谷区宇田川町12-7 エメラルドビル3F      電話 : 03-5458-5030
しげです。
前回の続きでストレッチについて考えてみたいと思います。
今日は生理学的(人の機能について、なぜ?なぜ?を考える学問。)に考えてみますね。

まず、本題とは多少ずれますが「反射」というものについての説明をしてみます。

反射とは、熱いヤカンに触った時に、「アツっ」と思ってさっと手を引くときありますよね?
それは本当に熱さを感じたのでしょうか?

「熱い」ということを感じる中枢は脳にあるのですが、
「手をさっと引く」中枢は脳よりも手の方に近い脊髄にあるので、
脳で熱さを感じる前に手を引いているのです。
この場合は【屈曲反射】といって、有害な刺激に対して腕や足を縮める反射が起きます。
つまり、「反射」とは脳で考えるものではないので、それを我慢しようとしてもできないものであります。

その他の反射として、【伸張反射】というのがあります。
この反射では「筋肉を伸ばす」→「筋肉が縮まる」といった事が起きます。

俺は人生の半分以上空手のような武道をやっていたのですが、
ある時期から「突きを出すぞ」というよりか、
ある筋肉を一瞬伸ばすことによって「突きが出たぞ」って感覚にシフトする時期がありました。

これも伸張反射の理屈で説明ができますね。


ストレッチの話に戻します。
「筋肉を伸ばす」ことを目的としたストレッチにおいては、この「伸張反射」は邪魔な存在ですね。
これをリセットする方法は「伸張反射」を無視して筋肉を伸ばし続けることになります。

ストレッチは一定の強度でじっくりやる!(一般に10~30秒くらいといわれてます。)

これが大事なのです。

ということで今日のお話は終わりです。
画像はストレッチしてるトラです。かわいい。9a8919f5.jpg












リラクージュ「仁」
http://www.massage-shibuya.com
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187
リンク
最新記事
プロフィール
HN:
渋谷マッサージ鍼灸指圧院T-one リラクージュスタッフ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析
Admin / Write
忍者ブログ [PR]